上湯川改良

函館新外環状道路(上湯川改良)で最後になります。 今回も赤川ICから紹介して、(上湯川改良)に来れました。道路ボックスを通りますと、トラピスチヌ修道院に至ります。かつてはこの道路を観光バスが通ってましたが、市民の森造成の際に新しい道路が設置されて、あまり通行しなくなりました。駐車場迄行ってみましたけど、バスは一台も止まっていませんでし…
コメント:0

続きを読むread more

函館南茅部線

北海道道83号函館南茅部線通称トラピスチヌ通り上に函館新外環状道路の橋が架けられます。 工事看板を探したのですが、見つける事ができません。左が(松倉改良)右が(上湯川改良)になります。函館空港ICは右方向になります。 函館バス上湯川小学校下バス停の上に橋が架けられました。これにより、このバス停ご利用の乗客は雨の日も快適にバスを待つこ…
コメント:0

続きを読むread more

松倉改良

函館新外環状道路(松倉改良)。 函館市高丘町で見晴トンネルを抜け松倉大橋を渡って函館市上湯川町の北海道道83号函館南茅部線通称トラピスチヌ通り迄の区間です。奥に見晴トンネルの出口が見えますが、坑口の化粧作業が行われているのが判りました。それが終わってから整地でしょうか。 二枚目画像は、一枚目画像の右側になります。函館地域情報…
コメント:0

続きを読むread more

滝沢中央改良

函館新外環状道路(滝沢中央改良)。 右側に前の記事の(湯の沢川橋)が見えます。湯の沢川橋から見晴トンネル手前までの受け持ちです。 上画像撮影地点、函館新外環状道路は右側に延びます。 二枚目画像は函館空港IC方向を撮影、前回は建設中の函館新外環状道路の向こう側に市道があり通りましたが切り替えられて手前を通るようになってま…
コメント:0

続きを読むread more

湯の沢川橋

函館新外環状道路(湯の沢川橋)。 日吉IC~函館空港ICになります。樹木が成長したのか、橋が見えにくくなってしまいましたが、紅葉の見頃に付近にショッピングセンターありますので訪ねたいと思いました。ドラックストアーもありまして、マスクを求めて、来ましたね。 日吉改良と(湯の沢川橋)も結合された様子、上流に架けられる(湯の沢川橋)へ…
コメント:0

続きを読むread more

赤川IC

函館新外環状道路の終端(赤川IC)。 再び赤川ICに来ました。現在は両端のインター線を通ることしかできませんが、函館空港ICまで開通しますと、中央の本線に車の通行が見られるようになります。赤川ICに来た訳は、ニセコ方面からの帰路、通りたくなりまして、下りたところ、写真を貼ってた掲示板が現れた事に気がつきました これがそれでして、…
コメント:0

続きを読むread more

二ツ森トンネル(明治)

北海道新幹線二ツ森トンネル(明治)。 北海道新幹線(倶知安駅)~(新小樽駅)に掘られます、二ツ森トンネル12,630mの第三工区、新青森起点305Km800m~309Kmの区間です。7月にこの付近と訪ねたのですが、確認できず新小樽駅予定地へ向かいました。9月同地点を訪れまして、やはり違う地点かと車を廻した時に気がつきました。 …
コメント:0

続きを読むread more

羊蹄トンネル(有島)

北海道新幹線羊蹄トンネル(有島)。長万部~倶知安のニセコ町元町です。 特急ニセコ撮影後、北海道新幹線羊蹄トンネル9,750mの入口に来ました。6月にも来て同じような画像撮影してますが、離れますと羊蹄山とこちらを一枚の画像に納まるのですが、羊蹄山は雲に隠れてました。
コメント:0

続きを読むread more

特急ニセコ

9月14日迄運転された特急ニセコ。 週末に二回の撮影機会ありまして、最初は函館近郊で撮影しましたが古いカメラで失敗しました。新しいカメラは今日現在来ていませんが、他の物が新しくなりまして、ぜひ山線で撮影と決めました。羊蹄山入れてと構図決めて撮影地点へと、ところが雲で隠れてしまい、ここなら山線と判る箇所での撮影になりました。 JR…
コメント:0

続きを読むread more

日吉改良

函館新外環状道路(日吉改良)。 日吉ICから湯の沢川橋手前までの受け持ちです。 現場進捗写真、6月に訪れた時より増えてました。 三枚目画像が最新で8月28日現在、判って頂ける為に函館バス日吉営業所と当方書き入れました。工事区域に写っています車を見ますと、大量の土砂を運び入れる必要があります。この運び入れている地点に、北…
コメント:0

続きを読むread more

日吉IC

函館新外環状道路(日吉IC)函館市東山町になります。 下画像は、函館空港ICから日吉ICへ下りるランプ線、かつては函館市東山町の東山リサイクルセンター方面への市道でして、切り替えられて一枚目画像に写っています、直進して橋の下を通るルートになってます。 三枚目画像は反対方向、赤川ICへ向かうランプ線です。 下は日吉ICから函…
コメント:0

続きを読むread more

山の手西改良

函館新外環状道路(山の手西改良)函館市東山町になります。 かつての函館バス(山の手団地)止まりの路線バスの旋回場跡に、工事事務所がありました。掲示板の左側にドローンで撮影した工事写真貼ってまして、公開を考えましたが陣川橋とは違い、公開用ではなく、工事作業員向け危険箇所啓発写真と判断、公開は止めました。 東山大橋から日吉IC手前迄…
コメント:0

続きを読むread more

東山大橋

函館新外環状道路(東山大橋)函館市東山町から函館市東山3丁目再び函館市東山町に架けられる橋です。 陣川橋同様上り線、前回訪れた時は、橋の下から人が見える状態が、橋らしくなってます。 二枚目画像は(東山跨道橋)から望遠を使っての撮影。吹き流し付近削られてますが工事車両通路です。 東山大橋渡りますと(山の手西改良)です。 …
コメント:0

続きを読むread more

東山跨道橋

函館新外環状道路(東山跨道橋)函館市東山町になります。 跨道橋を紹介してきましたが、跨道橋はここが最後なります。一箇所紹介できなかった(陣川跨道橋)を含め渡る車の数が少ない跨道橋です。 赤川IC方向を撮影、奥に前の記事の(墓園通跨線橋)が見えます。墓園通跨道橋との間は山林でした。 日吉IC方向へカーブの先に東山大橋が見…
コメント:0

続きを読むread more

墓園通跨道橋

函館新外環状道路(墓園通跨道橋)。センターラインを境に、左函館市陣川町、右函館市東山町になりまして、ヤマト東山宅急便センターは画像右側手前にあります。 6月に訪れた時、跨道橋の陣川町側は工事が始まってませんでしたが、今回相当深く掘り下げられてました。この地点は函館新外環状道路内で標高が高く、当初は対面通行だったのか、陣…
コメント:0

続きを読むread more

陣川橋

函館新外環状道路(陣川橋)。 これも6月以来、ヤマト東山宅急便センターへ来る案件あればよかったのですが、当選したシャープのマスクは別な運送会社、他もなんと日本郵便と機会なかったでした。 本題に戻りまして、架橋は終わっている様子。 工事看板の置いている箇所付近の掲示板に、工事パンフレット貼ってました。工事事務所に伺うと貰…
コメント:0

続きを読むread more

東山改良

函館新外環状道路(東山改良)は前の記事で紹介の四稜郭跨道橋から日吉IC方向へ東山大橋迄が担当でした。 この看板が赤川ICに最も近い箇所にありました。四稜郭跨道橋から日吉IC方向を撮影、奥に陣川跨道橋が見えます。6月に比べて進んでます。下記地図地点が黄色の建設機械置かれている箇所です。 東山改良は函館市陣川町から函館市東山…
コメント:0

続きを読むread more

四稜郭跨道橋

函館新外環状道路、四稜郭跨道橋。 函館市陣川町、二枚目画像をご覧頂くと6月に訪れた時より深く掘られていました。 下画像が前の記事で紹介したかった笹流橋、奥が舗装されて、陣川舗装が進められてます。その奥を撮影したかったのですが、今回もさがせれまんでした。 こちらの工事名ですが、工事看板が付近にあるのですが記載がありませんので…
コメント:0

続きを読むread more

陣川舗装

6月以来ですが函館新外環状道路赤川ICに来ました。 新しく陣川舗装の工事看板が建てられて、舗装が確認できました。 日吉ICへ向かうランプ線、奥の方は舗装されてます。この先笹流橋迄が函館市赤川町、何とか笹流橋を見れないか考えましたが、反対方向からなら見れそうかな。これから、函館新外環状道路の工事区間に進みます。
コメント:0

続きを読むread more

函館IC

函館・江差自動車道の起点函館IC橋は函館市桔梗町。 三方向に分かれて、札幌方向の函館新道、直進して函館新外環状道路へと、下へ降りるのも可能なICになりました。畑だった広大な土地に最初は南北に函館新道が通り、JR桔梗駅方面へ向かう事しかできない構造、なんでこんな道路にと思ったものでした。 函館市の都市計画にインターチェンジ用地となって…
コメント:0

続きを読むread more