二股トンネル外一箇所

北海道新幹線(二股トンネル外一箇所)は二股トンネルと次の(磐石トンネル)の南側を受け持つ工事区です。 鉄道・運輸機構から3月31日貫通したと発表あったのが(二股トンネル)1510mで前の記事同様に川を渡り(磐石トンネル)6,775mのおよそ1500mを掘削して(磐石)北の工事区と貫通させます。(外一箇所)は磐石トンネルです。他に(…
コメント:0

続きを読むread more

渡島トンネル(上ノ湯)他

北海道新幹線(渡島トンネル)32,675mの出口から第六工区(上二股)との貫通をさせる第七工区(上ノ湯他)です。2020年夏にも訪れまして通過してもよかったのですが、3月に報道ありまして八雲町の新幹線トンネル工事で排出される要対策土の置場が見つかったとありました。鉄道・運輸機構の、ネット上の資料見ますと(上ノ湯)の大部分が要対策土と予想…
コメント:0

続きを読むread more

渡島トンネル(南鶉)

北海道新幹線(渡島トンネル)32,675mの第四工区(南鶉)で3月1日から工事が再開されました。 報道で知りまして直ぐ訪れてと思いましたが当時は道路開通直前、再開に至りました土砂置場を探してから記事にと思いました。今回別の行程もありまして国道227号線を車を進めました。 二枚目画像が北斗市所有地、ここに南鶉の土砂を置きます。…
コメント:0

続きを読むread more

美原地区バスターミナル

4月1日函館市亀田支所前にバス乗降場がオープン致しました。 かねてから美原地区に点在しているバス停を一カ所に集約の話ありまして、この度オープンしましたが乗り入れできない系統もありまして、緑色のユニホーム姿の函館バス社員が乗車位置を説明してました。 函館市が音頭を取り始めまして、バス会社に系統の見直しを迫ったのですが、歴史上の痕跡…
コメント:0

続きを読むread more

はまゆう

敦賀~苫小牧東に(はまゆう)が投入されてます。 通常便の一隻が長期メンテナンスで横浜に入っているのと、(はまゆう)は横須賀~新門司用ですが7月航路開設と、発表ありました。首都圏と九州を結ぶ航路として、長期係留されてた初代れいんぼう姉妹を用船して開設を計画してた社も有るくらい、需要は有ると思ってましたが2021年夏、SHKグループが…
コメント:0

続きを読むread more

カランセ奥尻

ハートランドフェリー(カランセ奥尻)が定期検査で函館港に来ました。 2020年も書きまして、その時はサイプリア(宗谷)を紹介して、所定に戻ったら(カランセ奥尻)を撮影にと思ってましたが、新型コロナの影響により夏期繁忙期も一日一往復運航、撮影にいけませんでした。 近くで見ますと窓が大きいのが判ります。灰色のビルが船首前に見えますが、函…
コメント:0

続きを読むread more

ブルードルフィン

津軽海峡フェリー株式会社青函航路用4隻が国土交通省(内航船省エネルギー格付制度)で5つ星を獲得したと報道あり会社ホームページに掲載ありました。https://www.tsugarukaikyo.co.jp/topics/page/?id=1613461880mG1ks 青函航路13便にその内の一隻の(ブルードルフィン)が投入されてます…
コメント:0

続きを読むread more

開通

かねてから建設中でした函館新外環状道路(赤川IC)~(函館IC空港)迄が3月28日開通しました。開通にさきだち、函館市美原にあります、渡島総合庁舎で式典が行われました。 関係者ではありませんので入場できませんが、庁舎内での式典、撮影時も黒塗りの車が到着してました。 三枚目画像は日吉IC前、来る予定はなかったのですが、当方…
コメント:0

続きを読むread more

赤川IC

まもなく開通の赤川ICを訪れました。 3月15日から夜間の工事とありまして、様子も見たいのもありまして下記画像も見ますと終わったのかと感じました。出口渋滞が起きてますが(日吉)(函館空港)と車も分散されて、ここ赤川ICでの渋滞も見られなくなるのでは、また逆に入る車による北海道道函館赤川線の渋滞緩和が期待されます。 (函館空港IC…
コメント:0

続きを読むread more

函館空港アクセス道路

函館空港アクセス道路をご紹介いたします。 前の記事迄は赤川ICから書いてきましたが、函館空港アクセス道路を紹介するには空港側から書いた方が良いと思いました。 函館空港ターミナルへ向かう函館バスの回送車が交差点右折しようとしてます。函館新新外環状道路(函館空港IC)へは白くテープで隠されてますが、直進です。 直進して写ってま…
コメント:0

続きを読むread more

函館空港ICまで1Km

見晴トンネル799mを出ますと函館空港  湯の川出口1Kmの標識が現れます。撮影地は函館市上湯川町、標識にエアポートマークと新しい温泉マークが入ってます。従来の温泉マークが訪日客に食事処と思われてしまったケースがあって国が新しい温泉マークを用意したのですが、温泉関係者が従来のマークの存続をと聞いた事あります。 …
コメント:0

続きを読むread more

函館空港ICまで2Km

日吉ICから函館空港IC方向へ進みますと函館空港IC2Kmの標識が見えてきます。 右側に7.6の標識は函館ICから7.6Kmその先に2Kmありますので函館新新外環状道路はおよそ9.6Kmそれ以上の距離でしょうか。200m先から対面通行と判ります。 二枚目画像は一枚目画像撮影地点。2Kmの標識付近に行きたかったのですが、フェンスが完成…
コメント:0

続きを読むread more

日吉IC

開通まで二週間の日吉ICを訪れました。 前回訪れた時紹介しました、左側にあります日吉公園内の工事終わったのか、掲示板無くなってました。開通すれば白のシールは外され、ここでこのように撮影もできなくなります。 一枚目画像が赤丸地点で工事前の画像が見られると思いますが、函館バス日吉営業所の壁ができてますが、今は道路の下になっている…
コメント:0

続きを読むread more

日吉IC出口

函館新外環状道路(日吉IC)の標識が見えてきました。 湯の川8Kmの標識が手前にありまして撮影しにくい地点、なんとか良い場所をと探しましたが無理でした。 二枚目画像は上にあがりまして右側に一枚目画像の標識が見えます。矢印が日吉IC出口の標識です。手前が日吉ICへ降りるランプ線で、中央に函館新外環状道路(函館空港IC)へと延びる本…
コメント:0

続きを読むread more

日吉ICまで1Km

日吉ICまで1Kmも函館市東山町です。 東山大橋の手前は東山町、橋の上で東山3丁目、進んで東山町になります。駐車しているスペースは除雪車待機場です。日吉ICに向けてカーブしてますが、右側山を越えた箇所は住宅が広がってます。 二枚目画像は一枚目画像撮影地点からワイドにしての撮影、遠くに津軽海峡がその先は青森県が見えます。ここも右側…
コメント:0

続きを読むread more

日吉ICまで2Km

函館新外環状道路日吉IC迄2Kmの標識は函館市東山町になります。 墓園通跨道橋からの撮影、近くにはヤマト東山宅急便センターがありまして工事中は宅急便受取りに訪れてました。 日吉IC方向を撮影、走ってきそうな雰囲気になってました。 三枚目画像は工事中ここからスロープを使い、切り取った土砂をダンプが市道に上がり降りて行きました…
コメント:0

続きを読むread more

日吉ICまで3Km

赤川ICから日吉IC方向へ進みますと日吉IC3Kmの標識が現れる地点は函館市陣川町になります。 二枚目画像の道路ボックス抜けた箇所の右側から撮影しました。初めてここを訪れた時は未舗装、市道は制作工事の為左側へ迂回してまして、赤川IC方向には笹流橋建設の工事看板ありました。近くへ行きたかったのでしたが、函館市水源管理区域により立入禁止看…
コメント:0

続きを読むread more

赤川IC

函館新外環状道路赤川IC付近で誤進入防止壁の撤去が行われてました。 通行止めにして作業と思ってましたが、ランプ線に警備員を置いての昼間の撤去に驚きました。 赤川IC迄開通して6年間置かれ、撤去の様子を見ますと道路上に置いてたのでした。 現在の赤川IC入口は左折だけですが、白いシールの下は函館空港方向と書かれているのでしょう…
コメント:0

続きを読むread more

はやぶさ595号

新青森始発はやぶさ595号が新函館北斗に到着です。 3月になりまして26日は北海道新幹線開業5周年、その日近くになりましたら書こうと思ってましたが、2月に福島県沖で発生の地震により10日間不通、運転再開したものの減速ダイヤに伴い北海道新幹線と東北新幹線の直通運転は一日1往復の発表に新函館北斗駅を訪れました。 はやぶさ595号、所…
コメント:0

続きを読むread more

261系北斗

JR北海道特別急行北斗を撮影しました。 JR北海道は今も特別急行と放送案内してますので書きましたのと、2021年3月ダイヤ改正で編成を短縮するとありましたが3月1日から臨時に編成を短縮すると発表あって大沼公園付近で撮影しました。 2月下旬、日は高くなりましたが積雪は50センチ位でした。一枚目画像は大沼公園駅を発車したシーンで、次の赤…
コメント:0

続きを読むread more