長万部駅付近

s-長万部1.jpg
北海道新幹線(長万部)駅手前に、このような看板見つけました。

国鉄時代ですけど長万部駅は最大5,000人の職員がいてとありまして、ここには操車場があったのでしょうか。


s-長万部2.jpg
別な工事看板見ますと発注JR北海道とありまして、民営化される直前、職員の大部分は本州・札幌方面へと、残された旧国鉄職員は、どこに所属したかは判りますけど。



s-長万部3.jpg
三枚目画像、白く特急北斗が見えますが、当初計画では隣を新幹線が橋の下をくぐる予定が、高架で上を通る事になりました。
右側に進むと東京理科大学長万部校舎、新幹線時代を見据えてでしょうか、校舎周辺施設の改築工事が起工されたと報道ありました。
本校と新幹線で日帰りできると、講師の方の負担も軽くなります。



長万部駅を発車しますと、JR室蘭本線、静狩駅手前迄並走して、太平洋側から札幌市がある日本海側へと向かうべき、山越えの為のトンネル連続になります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント